6/10日
「兄に付ける薬は無い!」を毎週楽しみに観ている私ですが、Pixivを見てて、あっこれ原作者の絵とそっくり!上手いじゃーん、て思った絵があって、でも「いいね!」押してる人もブクマ付けてる人もいなくて、プロフィール見たら原作者のツイッター(中国版では微博>ウェイボーと読みます)にリンクがされてて、タグが日本語だったので「これなりすましだな…」と思ったんですが、アップされてた画像の解像度が高くて、んん?ネット上でパクって来た画像にしてはデカいな…でももし本人だとしたらわざわざ日本のPixivにアカウント作らなくてもツイッターのフォロワー100万人越えてるし、意味がわからん…と思って、メールで「本人?偽物?」と送ったですよ。そしたら次の日になって「本人」と返信があって、中国語わかんないのでとりあえず英語で「本人だって証拠あるの?私の描いたファンアートをツイッターにアップしてくれたら信じるよ」と送ってみたところ、「あなたが嫌なら削除するけど…」て、pixivでのやりとりをスクショした画像が微博にアップされてて、ぎゃあああ!本物じゃん!て。「あなたの好き、友達強要」て英語で書いてあって、あ…英語あんまり得意じゃないんだなってのはわかったんですが、「あなたが望むなら友達になるよ」「どこの国のひと?」「日本人だよ。でも日本じゃ有名じゃない、アメリカで仕事してるイラストレーター」と色々やりとりがあってですね、結局相互フォローで友達になったわけです。日本に来たことはあるらしく、東京は好き、と言っていたので、来日した時は東京を案内するよ、私近くに住んでるから。と伝えました。ウェブ上の自動翻訳も使って中国語でのやりとりを試みたのですが、どうも内容が伝わってないところを見るとやっぱり自動翻訳って使えないな…て。夏コミ落ちてブルーになってたんですが、原作者さんと友達になれて最高にハッピーです。
 
6/5日
今月中旬に息子が農山村留学(昔は林間学校って言ったんだよ…)に行くのですが、説明会で磯遊びをするのに「軍手」と「撥水性の長ズボン」と「かかとがあるウォーターシューズ」を用意するように言われ、磯遊びって…そんなに厳重装備必要!?と、何で水着駄目なの?ビーサン駄目って意味わかんないどこまで過保護なんだよ!? ってかクロックス不可で水の中で履く靴なんてあんのか!?と謎が謎を呼び、さてどうしたものかととりあえず靴屋に行ったら「アクアシューズ」という水の中で履ける靴が普通に売られていました…そして息子の話だと「海岸に猛毒のあるタコが生息してて、噛まれたら最悪死ぬかもだって」…そんな場所で磯遊びしなくても…なんか色々予想の斜め上を行く展開ばかりです。
 
6/2日

パチスロメーカー勤務時代のチームリーダーが亡くなったとの知らせを受け、主人と二人で(職場結婚)練馬で行われた通夜に参加しました。「会社は社交の場じゃねえんだよ!てめーら仕事しに来てんだろ!友達作りに来てんじゃねーよな!?」と怒鳴り散らす次長がいて、みな勤務時間中はほとんど口をきかずに過ごしていましたが、就業時間が過ぎると「ベローチェ行く人〜」(ビルの1階にあった)とお声がかかり、社員証を隠してチームメイト同士でお茶会をしていました。上司と部下が仲良くするのは絶対禁止だったので、今回亡くなったチームリーダーはその掟を守り、皆と交わることはせずひっそりと独りで黙々と仕事をしていました。無茶苦茶なことばかり言う次長の下で、愚痴も言わず辛抱して働いている人でした。一度、「昨日の夜ミーティング中にTさんがいきなり倒れて、救急車呼んだんだよ〜」と言われたこともありました。(てか私が在籍していた1年4ヶ月の間に会社に救急車3回は来てる!)死因はがんとのことでしたが、集まったメンバー誰一人、何がんだったのか知りませんでした。久々に昔の仲間と再会出来ましたが、悲しい再会でした。Tさんは40代だったので両親がご健在で、最期を看取ったのもご両親ということでした。自分より息子を先に亡くす悲しみを思ったら、耐えきれず泣いてしまいました。

 
5/4日
スパコミ2日連チャンは初ですよ…しかも一人で参加だったので、極度の緊張と疲労とストレスで帰ってから久々にパニック発作起きました。今日はクオリディアコードでスペースを取ったのですが、ワタシと大手サークルさん(プロ漫画家)だけ。お客様はクオリディアコードが好き、というよりプロ漫画家さんのファンの方が殆どで、ワタシのスペースの作品は見向きもされませんでした。売れた新刊6冊!いたたまれなくて早々に帰ったら、先週受けた会社から不採用通知が来てて、ホンット、ワタシの人生良いことなんてひとつも無い!て、ひとしきり泣いた後在庫をシュレッダーにかけました。また一から仕事探しだよ…と思ったのですが、ライクからの依頼が結構な枚数なので、こちらの仕事が一段落するまではキャラデザインに集中することにしました。
ほんの数人でしたけど、森猫の同人誌をお買い上げ下さった皆様、本当にありがとうございました!
 
5/3日
いやもう何年ぶりかわからないくらいに沖神でスペース取って参加して来ましたスパコミ!一冊も売れなかったらどうしよう…と震えてましたが、来てくれましたよ神(お客様)が…あと昔描いた(pixivにもアップしていない)沖神絵のポストカードが大量に発掘されたので、この機会に配れるだけ配っちゃおう!と、好きな種類だけどんだけでも持って行って下さい、と言ったら、殆どの方が「じゃあ全部…」て。
開始早々結構な客足で、私が覚えている限り、沖神のシマってこんなに人が走っていくほど行列が出来るほどの人気ジャンルではなかった筈…なんだけど、多分自分がガンガン描いていた頃に比べて、魅力的な沖神ファンアートを提供する作家さんが増えたのではないかと…ぶっちゃけ自分は沖神萌え魂がほぼ無くなってしまったので、買うことはしなかったのですが、沖神人気すげーなーと実感しました。
昨日はギリギリまでリテイク分を修正して、ライクに送ったところ、魔術師の衣装がとても気に入ったという旨の返信が来たのですが、今日スパコミに行く途中色んなアニメやゲームのポスター見て、やっぱ自分のデザインした衣装全っ然baddassじゃないわ、ライクはこれがいいって言ってるけど私が納得しない!と、一から練り直すことに決めました。あと「彼は人間世界で人間として普通に生活しているから、髪型をビジネスマンぽくフツーにしてほしい」と言われ、異世界で強力な魔力を持つ男が魔導士衣装になった時髪型がビジネスマンスタイルってどゆこと!?って、ホントアメリカ人の無茶ぶりハンパない。
 
4/23日
ライクが「新作の小説に日本語のタイトルを入れたいんだが、訳はこれでいいのか」とメルって来て、なんでわざわざアメリカで発売する本に日本語訳のタイトル入れんの?と思ったのですが、タイトル自体が主人公の名前だったので、「これだとまんまだよ、日本語のタイトル付けたいなら日本ぽくした方がいいよ」と言って、日本人は無駄に長いタイトルを好むという話をして、「出版社に日本語わかる人いないの?コピーライターの人に相談してみて」って言ったら「日本語がわかる人はいない」と言うので、小説の内容を聞いてあーでもないこーでもないとやりとりを繰り返して、結局ワタシが付けました!それが半月前くらいかな? んで、魔法少女のデザインをしてほしいというので、ライクはセーラームーン好きだから、きっと可愛い女の子が描けるな、と思っていたら「主人公は35歳の男性で、セーラー戦士(仮)として選ばれたために女子中学生の姿になった」と資料の冒頭に書かれていて、アメリカ人てガチで頭のネジ飛んでるわ、と本気で思いました。辞書とグーグル検索で、一応テキストをまるっと翻訳してみたのですが、突っ込みどころが多過ぎて…さすがにこれは、と思った点については指摘したんですが、「魔法騎士レイアースは…」「サムライトルーパーでは…」「聖闘士星矢の○○が使っていた武器を…」ちょっと待ってワタシでもそれ全部見てない!どんだけ変身アニメ詳しいん!?
と、もう反論するのを止めて主人公のラフスケッチを始めました…でも心の中では(なんでおっさんが中学生に…?おっさん変身した方がまんま強いだろ…てかおっさんが女子中学生になってキャンパスライフを送るって…他の友達はみんな女の子で…トイレとか着替えとか…犯罪じゃね?)と、気になって仕方がありません。てか 助 け て
 
4/20日

同人、QCであと1冊だけ出して最後にしようと思って絵コンテを切り始めたんですが、あんなにスラスラ描けた絵コンテが、不可解なくらい難航してまして。というのも、ワタシの場合、脳内に完全に見えた映像を忠実に描き起こす手法で今までやってきたのですが、霞と明日葉の絡みに限っては、キャラが勝手に動き出すため、真っ白なコピー用紙をじっと見て、「見えたら描く」し、見えないと何時間も白紙とにらめっこを続けております。後は内容がかなりシリアスになっていて、かすあすのハッピーなエロを描きたいワタシにはなかなか見えて来ない…でも「あ、そうか!ここで霞が言うんだ」というキメ台詞が飛び出したりして、これはこれでなかなか面白いな、と。ただ一息ついた時に一服出来ないのが辛くて…肺機能の向上や美肌効果、朝の寝覚めが劇的に良くなったり、何よりお金がかからない!と、止めていいことしかないのに、早く息子の受験終わらないかなーと思ってしまう。聞いた話だと麻薬よりもニコチンの方が実際の依存度は高いらしく、大学に入ってすぐ吸い始めたワタシは完全に依存症なわけです。ノゲノラの再放送が唯一の生きる楽しみかな。

 
4/5日
毎日毎日求人情報を検索しながら…4月に入ったので募集広告も大分数が減ってて、受験生の子供をサポートしながらだとフルタイム勤務は厳しいし、条件の合う仕事がなかなか決まらず、イライラしても煙草が吸えないので、何もせずただ、床やソファの上に寝そべっている時間が増えました。
ファンアートも、同人誌も、いくら描いてもファンと「萌え」が共有出来ないことがよくわかったので、それでも今まで自分が「好き」だから続けられたのだけれど、今のワタシ、何であんなに絵を描くのが楽しかったのか、全くわからなくなってしまいました。お金にもならない絵を描くくらいなら、工場でロボットのように食品をトレーに詰める作業を延々やって稼ぎたい。絵なんか描いたって何の意味もないその先に希望もない。
 
3/25日
諸事情によりお金が必要なこの時期に、旦那の会社が業績不振で給与10%カットされることになり、ワタシも外で働かざるを得ない状況になりました。絵の仕事は出来高なので、2日とか1週間かけて描いて数千円だと時給制で働いた方がよほど稼げるし、同人も思いのほか売れず作っても作っても赤字…となると、もう止めた方がいいのかな、って。描かなきゃと思っても机に向かえない自分と、働かなきゃ、と思っても接客業のトラウマが「他人とかかわり合いたくない」恐怖になっていて、一歩踏み出すのが辛い…毎日「ワタシなんて生きてる価値ないよな」とぼんやり過ごしています。物事を前向きに考えることが出来る人ってスゴいよね…
 
3/20日

久々の春コミ参加してきました!クオリディアでスペース取ってたサークル、ワタシを含めて3スペースのみ…という絶望的な環境でしたが、以外と買ってくれるお客様がいて、あの状況では結構売れた方なんじゃないかと…親友のちよに担当してもらったFateスペースはほぼ売れず、トータルしても参加費すら回収出来ない結果に終わりましたが、久々に会えて、ワタシと旦那が付き合っていた頃(当時フロンティアビルに勤めていた)よく通ったお店がまだあった!ので、そこで3時から6時まで飲みまくって、「王様の耳はロバの耳」話で盛り上がってました。いつも「今日も売れなかったなあ」と、とぼとぼ帰るのですが、そうか、こーゆー時は飲めばいいんだ!って。ちよ本当にありがとう。多分5月のイベントも同じような売り上げなんだろうけど、もう参加費払ってしまったので出ます。クオリディアは新刊の原稿が出来上がっているので、1冊目の委託通販開始されたばっかりですが、2冊目を無理くり出します。どうでもいい赤字なんてー。

 
3/3日

「良き日本人を学ぶ会」の打ち合わせに参加してきました。ワタシとしては、チラシなり資料なりでイラストや画像加工が必要な場合にお手伝いするつもりで参加したのですが、集まった有志メンバーが元国会議員、市議会議員、企業各社の代表取締役達…多分普通に生活してたら絶対貰うことのない名刺が一挙に手に入り、どどどどうしようワタシ完全に場違いな人じゃん!て部屋の隅で怯えてました…ワタシの他に一般人として参加した女性がいらしたのですが、「私の地元では国旗掲揚は普通にやっていました。千葉に嫁いだ今もやっています。神棚の横には教育勅語を飾っています」というTHE・日本人みたいな方で、きょ、教育勅語って何?みたいなレベルのワタシは「打ち合わせの後飲み会やるって言ってたけど帰ろう…」と思いながら皆さんのお話を聞いていました。要は、「学校では教えてくれない日本の歴史を教える」ために、チラシを小学校で配って欲しいとお願いしたところ、「何なんですか、あなた達右翼団体なんですか!?」と、えらい勢いで拒絶され、それでも何とか配れるだけ配ったら、当日の参加人数が予想を上回り、神社の特別室のキャパを越えてしまい、更に産經新聞と朝日新聞の記者が取材に来て、講義の記事が新聞に掲載されてしまったと。もしこれ以上参加人数が増えたら1回の講義で対応しきれなくなるし、元国会議員のT氏も「政治活動のためにやってると思われたくないから俺なるべく教壇に立ちたくないんだよね」とのことで、さあどうしましょう、という問題についてひとしきり話し合ったわけです。で、ホントは帰ろうと思ったのですが、主婦の方に尋ねたら「参加するに決まってるじゃないですか!焼き肉ですよ!」と言われ、そのまま駅前の焼き肉店へ…皆が生中を注文する中「獺祭50お願いします」と、ここぞとばかりに飲みまくってしまいました…だって議員秘書くんがグラスが空に近くなると勝手におかわり注文しちゃうんだもん…もう何杯飲んだかわからんし何話したのかも覚えてないし、かろうじて家に帰って次の日二日酔いみたいな。ホント今猛省してる。てか恥ずかしくて今後の集会には顔を出せない…

 
2/19日

今日は地域ボランティアの企画で、神社に子供を集めて、教科書では教えない日本の歴史について語る会に参加して来ました。チラシを見た時点でワタシが行きたいと思って、「興味ない」と言うやま男を無理矢理引きずって行ったのですが、参加費(子供だけ)300円しかとらないのに、1200円もする戦前の日本の教科書(高学年用)の現代訳をくれて、日本は世界一国の歴史が長いこと、国旗の起源や旧時代の国の祝日についてためになるお話を聞かせてくれて、子供には神社への参拝の仕方を教えてくれた上、お祓いまでしてくれて、とても充実した時間を過ごしました。
帰ってから頂いた戦前の教科書を読んでみたのですが、ああ、昔の人々って、父や母、学芸に貢献した偉人、神仏、天皇、必ず何しかに感謝して生きていたのだなあって。きっと空が晴れただけでも「お天道様、作物を育てて下さって有難うございます」なんて感謝していたんだろうな。それに比べて今は、24時間食べ物も飲み物も買えるコンビニがあって、ボタンひとつで洗濯が出来てお風呂がわかせて、薪を割って火を熾さなくても暖がとれるしお米も炊ける、エアコンがあるから夏も冬も快適…それが「当たり前」の生活をしているワタシ達って、何かに感謝することが無い、ていうか感謝することを忘れてるって気付かされました。ちなみに日本が建国したのは2766年前、これは世界第一位で、二位のデンマークでさえ1100年余り、「中国4千年の味」は大嘘で、中華人民共和国としては到底追い付かない不動の記録なのです。だけどそんなこと、ワタシも主人も知らなかった。学校教育で教える歴史は縄文時代、弥生時代を経て邪馬台国が出来て、気付いたら戦国時代になってた。天照大神やイザナギ、イザナミの神話さえ教えてくれなかった。日本に生まれて良かったと思うなら、日本のことをきちんと知ることは本当に大切なことだと思います。主催者側は、「チラシを配った時点で10人くらい参加してくれたらいいなと思っていた」と言っていましたが、当日は子供と保護者を含めても100人くらい集まっていました。今後も続けて参加希望、と書いてアンケートを渡して来ました。

 
1/25日
やま男の熱も大分下がり、少しずつ物が食べられるようになった今日、父がお見舞いに果物の缶詰を買ってやって来ました。すると父は「不思議な夢を見た」と、世にも奇妙な夢の話を始めました。
「天皇陛下と一緒に車に乗ってる夢を見たんだよ。後部座席に天皇陛下と皇后陛下が乗ってて、その前に私とやま男ちゃんとひろしさんが乗ってて、一番前に運転手とお母さんとレイレイが乗ってて…そうしたら陛下が『もう一人乗るから席を詰めて下さい』って言うから、席を詰めたら、途中で皇族らしき若い青年が乗って来たんだよ。それから車でしばらく走ったら、後ろに座ってる陛下が突然古い昔の歌を歌い出してさ、それに合わせてやま男ちゃんが大きな声で歌い出してさ、あんまり上手くてびっくりしたんだよ。でもその後車が停まってさ、見たら前が崖っぷちで、進めない状態だったんだよ。『これじゃあ帰りは10時を過ぎてしまいますね』って陛下が言って、そしたらレイレイが『お腹が空いたならポテトサラダがありますよ』って言い出して、お母さんが『陛下にポテトサラダなんて失礼よ!』って怒り出して、でも陛下は食べるって言ったんだよ。そうしたらいつの間にか広い食堂に場面が変わって、いざポテトサラダの入ったタッパーを開けたら、中身がもやし炒めで…それを若い青年が食べ始めたんだけど、よく見たら床にもやしがめちゃくちゃに散らばってて、私はそれを拾って片付けようとしたんだけど、いくら手を伸ばしてももやしが掴めないでおろおろしてる夢だった」
ちなみに父は叙勲を貰っているので、授与式や春の園遊会で天皇皇后両陛下にお会いしたことはあります。
 
1/23日
昨日の夜ごはんを食べた後で、やま男が「ちょっと風邪気味」と言いながら10連発くしゃみとかをしていたので、「学校で風邪とか流行ってる?」と訊いたら「全然。金曜日だってみんな来てたよ」と言うので、一晩様子を見たのですが、やはり微熱があるので学校を休ませ、今日病院連れて行ったらインフルエンザA型でした!とりあえず学校と塾に電話して今週いっぱいは休むと伝えたところ、学校の担任の先生が「実は今日になって一気に6人休んだんですよ…」と。やま男の話では8人以上欠席者が出ると学級閉鎖になるようで、ワタシ今自宅仕事だからいいけど、外で働いてたら子供の看護で1週間の休み取るって厳しいよなー…と、しみじみ思ったのでした。今2冊目の原稿の下描き中で、集中して取り組みたい時に限ってもう!って感じだったんですが、やはり何よりも子供が大事なので介護生活頑張ります。
 
1/8日
クオリディアコードのかすあす本を何冊刷ったらいいか本当にわからなくて、試しにメロンブックスさんに委託販売希望しますが需要がどれだけあるかわからないので、万が一委託販売が可能であればそちらで納品数を指定してもらいたい旨を伝え、サンプル画像を送ったところ、50部の発注が来ました。これにはちょっと驚いたというか…そもそもワタシの同人誌って委託断られてばっかりだから自家通販やってるわけでして、委託OKってだけでもマジか!?って感じなのに50部って…大手サークルさんからしたら「(プスッ)たったの?」て感じなんだろうけど、いつも100部刷って、5回くらいイベント出て完売すればマシ、というワタシにとってはえ?100部じゃ足りないじゃん!みたいな…3月と5月と夏コミと冬コミ分を含めて100で考えてたので、150とか刷っておいた方がいいのかなー。友人のたにたけし君から、委託はタイガーホールさんよりメロンブックスさんの方が対応が丁寧だし、きちんとさばける分を見極めて発注をくれる、と聞いていたので、メロンさんが市場を見極めてこんなにマイナーなジャンルの同人誌を50見積もってくれたってことは、霞明日の需要はそこそこあるんだなって安心しました。夏コミ…受かるかわからないけど、1種類だけってのもなんかさみしいので2冊目作ろうかと…でももとから1冊分の構想しかなくて、それに全力投球しちゃったので、何をテーマに描こうか思案中です。
 
1/6日

朝井リョウの「何者」を読みました。映画の告知CMで「衝撃のラスト」みたいな(うろ覚え)ことを言っていたので、ラストに何が起こるんだろう?と期待して読んだら「なんだ…そういうことか」とただ納得させられた的な…このテの手法はアガサクリスティーの小説で一回読んでるので、特に斬新には感じなかったですね…ていうか、これ多分小説だから出来る技なんだけど、どうやって実写化したんだろう?とそっちの方が気になってます。息子が読んでみたいというから買って、息子が読む前に内容をチェックするために読んだんですが、まだ思春期も迎えていない小学生の息子にこのテーマが理解出来るのか難しいところです。個人的には小川洋子の「猫を抱いて像と泳ぐ」の方が心には残ったかな…
大学生の時、友達に井上靖の「白い牙」を勧められて、どんな話か尋ねたら「退屈な描写が延々続くんだけど、最後ドカーン、て一気に爆発して終わる」と言われ、読んでみたらホントにその通りで、ヒロインが白い牙になるラストシーンは凄く衝撃的で、未だ記憶から消えません。「何者」も基本的には退屈な就職活動の描写が延々続いて、ラストで転換するんですが、白い牙ほどのインパクトは無かったです。映画は多分テレビ放送されても見ないと思いますが、今米津玄師にハマってて、絵を描く時はずーっと回して聴いているので、中田ヤスタカとコラボした「NANIMONO」は好きです。

 
2017/1/5日
忌中なので新年のご挨拶は控えさせて頂きます。去年は「別れ」の年でした。親族を次々とがんで亡くし、ワタシ自身も乳がん健診で精密検査の赤紙をもらった時は最悪の事態を想定してぶっちゃけ死を覚悟しましたが、その後の検査でがんらしきしこりは見つからず、経過観察となりました。しかしながら今年の運勢を数秘術で占ってみたところ、夫婦揃って「大波乱」と…色々な意味で大変な年になりそうです。去年pixivに昔描いた沖神まんがをアップしてみたところ、半年でフォロワーが250人近く増えるという異常事態になってしまい、同人活動は休止すると宣言したにもかかわらず、在庫を処分するため春からイベント三昧です。夏コミにはクオリディアコードで参戦するつもりですが、大波乱の予兆からして受からないんではないかと…新刊を用意してスタンばってると落ちる気がするし、何も用意していないと受かる気がするし、何ともモチベを保つのが難しいところです。やま男は6年生になるし、受験に向けて親のワタシも何かと気の抜けない時期ですので、本当は受験が終わるまでは自宅での仕事に集中したかったのですが、旦那が所有している横浜の不動産を売却するためにどうしてもお金が必要で、また何かしか仕事を探さなくてはならない状況です。ワタシの夢はたぶんもう叶わないけれど、生きてさえいれば何かいいこともあるさ、くらいのローテンションで今年はスタートです。
 
 
 
森猫シヲン

サイト管理人。実の親に「異常者」と言われ、実の弟に「人として終わってる」と言われ、旦那には「人間のクズ」と言われても死ねずに生きている売れない絵描き。CGグラフィッカーとしてゲーム会社、パチスロメーカーで働き、現在フリーランスのイラストレーターとして、日本に住みながらアメリカで仕事をしている。L'est Roseとaxesの洋服が大好きだが腐女子ではない。ホモフォビア、ヘテロセクシスト。好きなものはBlack tea、煙草、日本酒、建築、競艇、パンキッシュロック。20代半ばでパニック障害と診断されるが、投薬治療を断念して命がけで産んだ息子はアスペルガー症候群だった。

ヒロシ
3D専門のグラフィッカーで、現在ディレクター職。周囲からは「イケメンの旦那捕まえたよね」とよく言われる。完全に茶髪なので森猫より若く見られるのだが、実際殆ど白髪。趣味はアニメ鑑賞とゲーム。無類のGOD EATER 好き。アニメキャラで「ひろし」という名前の男はどうしようもないやつが多い。

やま男
森猫が溺愛している一人息子。アスペルガー症候群で、数値認識のIQは129もあるのに、算数に全く興味関心が無い。趣味は鉄道模型のコレクトとゲーム。嫌いなものはトマト。


キャシー
ネットで知り合った筋金入りのジャパニメーションオタク。アメリカ、ニューヨーク在住。旦那はSF小説家。ゴキブリ並みの存在価値しかない森猫を実の妹のように慕ってくれるソウルメイト。夢は自身の書いた小説を出版することと、お台場にある実物大ガンダムを見物すること。